阿州海部住氏次銘の白鞘入り脇差 一尺四寸五分八厘白鞘入り脇差を買取致しました。

白鞘入り脇差 一尺四寸五分八厘1
メーカー
阿州海部住氏次銘
商品名・型番
白鞘入り脇差 一尺四寸五分八厘白鞘入り脇差
買取価格
45,000円
取り扱い日
2020年9月16日

【作者について】

阿州海部住氏は、日本刀を製作した刀工または刀工集団の一つで、主に阿州(現在の徳島県)地方に住んでいたことが名前から推察されます。この地域は、日本の刀剣製作において歴史的に重要な地域の一つであり、多くの優れた刀工や刀匠が活動していました。阿州海部住氏がどの時代に活躍していたかについては、特定の記録に基づく詳細は限られていますが、彼らが製作した刀剣は、その技術や美しさから高く評価されています。
刀剣における「住」は、その刀工が活動していた地域を示す場合が多く、阿州海部住氏もその例に漏れず、海部という地域に根ざした活動をしていたことが窺えます。阿州地方は、良質の鉄材が入手しやすいことから刀剣製作が盛んであり、地域ごとに独自の製法やスタイルを持つ刀工が存在していたことが知られています。

【商品について】

阿州海部住氏次銘の白鞘入り脇差は、日本の歴史ある刀剣の一つで、特にその長さが一尺四寸五分八厘(約44cm)という特徴があります。この脇差は、阿州(現在の徳島県)に住む氏次という刀工によって製作されたもので、彼の技術と美意識が反映された作品です。白鞘(しらさや)とは、刀剣を保護するために用いられる白色の鞘のことで、この脇差が白鞘に納められていることは、その保存状態の良さや、所有者の刀剣に対する配慮を示しています。
脇差は、主に武士が着用する短刀の一種で、大刀と共に佩用されることが多く、実用性と装飾性を兼ね備えています。阿州海部住氏次銘のこの脇差は、美術品としての価値も高く、その製造に用いられた技法やデザインは、当時の刀剣文化を今に伝える重要な手がかりとなります。また、この脇差は、日本の武士文化や刀剣製作の伝統に興味を持つ人々にとって、非常に魅力的な存在です。
脇差は、そのサイズや形状から日常的に携帯しやすく、また防御や礼装としての役割も担っていました。阿州海部住氏次銘の脇差は、その歴史的背景や製作者の技術、美しさを通じて、日本の刀剣文化の深い理解を促すと共に、コレクターや歴史愛好家にとっては、所有することの喜びをもたらすアイテムと言えるでしょう。

【売却を検討されているお客さまへ】

【トレードランド】では「阿州海部住氏次」の「脇差」の他に「伝統工芸品」、「和楽器」、「模造刀」などもお買取りしております。ご利用いただける無料のLINE査定を通じて、店舗へ直接お越しいただかなくても、オンラインで手軽に査定を受けることができます。もし不要になった「脇差」がございましたら、どうぞ気軽にお問い合わせください。スタッフ一同、皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております!

※商品の状態や付属品の有無、時期により買取価格は前後いたします。

その他の買取実績

買取実績

買取事例をもっと見る

買取アイテム

トレードランドで取り扱っている買取品目一覧です。
一覧に含まれていないお品物でもお買取り可能な場合がございますので、
「これ、売れるかな?」と思うお品物でも、お気軽にお問い合わせください。

\30秒で入力完了! おためし歓迎!/

買取実績

ローランド JUPITER-80 シンセサイザー

シンセサイザー

ローランドJUPITER-80

買取価格:40,000円

Washburn ワッシュバーン  HB-35NK セミアコースティックギター

セミアコースティックギター

ワッシュバーンHB-35NK

買取価格:38,000円

新品未使用 ALPINE アルパインビックX X9NX 9型ワイドXGA LED液晶 メモリーナビ 64GB カーナビ

カーナビ

ALPINE アルパインX9NX 9型ワイドXGA

買取価格:41,000円

ラジコンパーツ 大量まとめ 2

ラジコンパーツ

メーカー不明

買取価格: 応相談

買取実績をもっとみる

お試し歓迎の査定はすべて無料。今すぐ3つのカンタン査定で価格をチェック!!